肌に一番悪い事とは

MENU

肌に一番悪い事とは

肌に一番悪い事とは

 

 

「一番」というとなかなかどれと決定することは難しいくらい、肌に悪いことはたくさんあります。夜更かし、紫外線の浴びすぎ、タバコ、お酒の飲みすぎ、バランスの悪い食生活、脂の摂りすぎ、水分摂取量の少なさ、運動をしないこと、お菓子の食べ過ぎ、などなど、揚げ始めるときりがありません。他にもメイクをしたままで朝を迎える、365日毎日がっちりメイクをしている、正しい洗顔ができていない、など本当に多種多様にわたります。ですから、肌に一番悪い事とは「肌に良いことを意識しない生活」といえるかもしれません。人は何かを意識して生活することで、それについてかなり状況を改善することができる生き物です。ダイエットにしても意識しているのとしていないのとではずいぶん結果はかわってきます。それと同様で、肌にいい生活を心がけることでそれを意識しない場合よりずっと肌にいい生活を保つことができます。何をしたら肌に悪いんだろう……と考えるより、どうしたら肌にいいかな?と考える方が余計なストレスもなくなり肌のためになるでしょう。ストレスも肌にはよくないというのは誰しも経験済みですね。

 

 

≫アクアフォースで肌に良いこと始めよう!