大人ニキビの特徴とは

MENU

大人ニキビの特徴とは

大人ニキビの特徴とは

大人ニキビも思春期ニキビも、アクネ菌が増殖することで起こることには変わりがありません。しかし、思春期ニキビができる状況と大人ニキビができる状況は、肌の状態がまるで異なります。大人ニキビは、乾燥して硬くなった肌に起こりやすいという特徴があります。乾燥するとお肌は硬くなり、毛穴も硬くなるので開きっぱなしの状態になります。開いた毛穴にメイクや汚れ、皮脂などが混ざったものが詰まって、アクネ菌がそれらの汚れを餌に増殖して大人ニキビが発生します。思春期ニキビの場合には、皮脂の過剰分泌で肌がオイリーになっていますが、大人ニキビの場合の多くは乾燥して肌が硬くなっているというのが特徴です。ですから、大人ニキビのケアはまず乾燥したお肌を潤わせるというのが大切になります。肌は、バリア機能が低下するとお肌の内側の潤いは外に逃げてしまい、外からは雑菌の侵入などが起こりやすくなります。過度な洗顔などの日頃のケアのし過ぎでも肌のバリア機能が低下する場合もあります。ニキビの原因菌であるアクネ菌は、もともと肌に存在している常在菌です。殺菌してアクネ菌を叩いて減らすという考え方もありますが、アクネ菌が悪さをしない環境づくりの方がもっと大切です。

⇒トップはこちら